計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

Cygwin のパーミッション問題

Windowsで何でもいいがCygwin以外の普通のソフトで保存したファイルをCygwinls -lなどで見ると、パーミッション700などの実行権限がついている。chmod 644などを使って修正することもできるが毎度のことなのでめんどくさい。

Cygwin 1.7 以降では/etc/fstaを編集すればこの問題を解決できるらしい。/etc/fstabはデフォルトの状態ではこのようになっていた。

# For a description of the file format, see the Users Guide
# http://cygwin.com/cygwin-ug-net/using.html#mount-table

# This is default anyway:
none /cygdrive cygdrive binary,posix=0,user 0 0

これにnoaclを追加するだけでいい。(最後の行)

# For a description of the file format, see the Users Guide
# http://cygwin.com/cygwin-ug-net/using.html#mount-table

# This is default anyway:
none /cygdrive cygdrive binary,posix=0,user,noacl 0 0

ACLというのはwindowsAccess Control List。これを無効にしているらしい。/etc/fstabを編集後は再起動が必要。

参考サイト

技術/Windows/Cygwin/NTFSをnoaclでマウントする - Glamenv-Septzen.net
Cygwin 1.7でNTFS ACLをやめる - ぱせらんメモ