計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

Emacs24のパッケージ管理機能を使う

バージョン24からは、パッケージ管理機能が正式に導入された。23でもちょっと設定すれば使えないことはない。

設定

デフォルトではパッケージを
ELPA (GNU ELPA Packages)
から取得するが、公式はパッケージ数が少ないので、非公式のものを追加する

Emacs24 のインストールと新機能 : 紹介マニア
上のリンクに書いてあるように

をパッケージの取得先を追加しておくとよい。

~/.emacs.d/init.el

(require 'package)
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "http://melpa.milkbox.net/packages/") t)
(add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/"))
(package-initialize)

設定はこれだけ。

使い方

コマンド

M-x list-packages

でパッケージ一覧取得して表示する。

初めて使う人は見慣れない画面かもれない。hを押すとヘルプが出る

n-ext, i-nstall, d-elete, u-nmark, x-ecute, r-efresh, h-elp

基本的にはiでインストールしたいパッケージにマークを付けて、xで実行する
すでにインストールしたパッケージはStatusinstalledになっている(下の方に表示される)。削除したい場合はdでマークを付けてxで実行。

ヘルプには書いてないが、大文字のUで、自動的にすでにインストールしたパッケージのアップデートができる。Uを押すと新しいバージョンにインストールのIマークがついて、古いバージョンにデリートのDがつく。同じくxで実行。

qで終了。qだと画面は切り替わるけどバッファ自体は裏で生き残る。普通にバッファを閉じてもよい。

キー一覧

キー 動作
i インストールするパッケージにマークを付ける
d 削除するパッケージにマークを付ける
u マークを解除
r パッケージ一覧を更新
U インストールしたパッケージをアップデートするためのマークを付ける
x 実行
q 終了
h ヘルプを表示

プロキシ環境下で使う

プロキシを使う場合は設定が必要

プロキシ環境下でEmacsを使う - 計算物理屋の研究備忘録