読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

.zshrcなどのzshの設定ファイルの場所を移す

zshの設定ファイルは

  • .zshenv
  • .zprofile
  • .zshrc
  • .zlogin
  • .zlogout

といろいろあるが、基本的使うのは.zshrc。使う場合があるのが.zshenv

ログイン時やzshを起動したときなどに.zshrcは読み込まれるが、シェルスクリプトとしてxxx.zshなどのファイルを実行したときは .zshrcは読み込まれない。こんな時でも、いつでも読み込まれるのが.zshenvファイル。

.zshrcなどの置き場所は通常ホームディレクトリで、変更したい場合はZDOTDIRという変数で設定できる。
~/.zshenvにこのように書いておくと

export ZDOTDIR=~/.dotfiles/zsh/

~/.dotfiles/zsh/というディレクトリの.zshrcを読み込んでくれるようになる。

~/.dofilesというディレクトリにzsh含めその他設定ファイルを保存しておき、gitで管理してサーバーに挙げておく。どこからでもgitが使えれば一発で設定ファイル一式をもってこれるようになる。

zsh 関連のファイルは.dotfiles/zsh/ディレクトリに置くことにした。.zshenvもここに保存して、ホームディレクトリにシンボリックリンクを張っておく。