読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

auto-completeの辞書にfortranのものを追加する

Emacs

Emacsのauto-completeにはデフォルトで以下のモードの辞書が使用可能
バージョンはauto-complete-20150201.150

ada-mode
c++-mode
caml-mode
clojure-mode
clojurescript-mode
c-mode
coq-mode
css-mode
erlang-mode
go-mode
haskell-mode
java-mode
js-mode
lua-mode
octave-mode
php-mode
python-mode
qml-mode
ruby-mode
scheme-mode
sclang-mode
sh-mode
tcl-mode
ts-mode
tuareg-mode
verilog-mode

残念ながらfortranのようなマイナー言語の辞書は入っていないので、自分で追加する。 ここにfortranのキーワードをアップロードしておいた。

http://blog-imgs-71.fc2.com/k/e/i/keisanbutsuriya/f90-mode.txt

これをf90-modefortran-modeという名前で保存。中身は同じ。
これらのキーワードをauto-completeの辞書ディレクトリに移動する。Emacsのパッケージ管理機能を使ってインストールした場合はバージョンを別にして以下のようなパスになる

~/.emacs.d/elpa/auto-complete-20150201.150/dict

これで.f90ファイルや.fファイルで、キーワードを使って補完できるようになる