読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

CygwinのEmacsでC/Migemoを使う

Cygwin Emacs

目次

C/Migemo

日本語変換を行うことなくローマ字のままで、日本語検索を可能にするmigemo
最近はc言語で書かれた C/Migemo を使えばいいらしい。

C/Migemo — KaoriYa

インストール

Windows用のバイナリが用意されていてダウンロードできるが、Cygwinで使いたいのでソースファイルをダウンロードする。用意されているMakefileにはCygwin用の設定もあるので問題なく使用できる。
以下のGitHubのドキュメント(上記リンクから行ける)にもあるようにソースファイル以外に準備するものも必要

コンパイルには以下の3段階の手順があります。
1. ライブラリとプログラムのビルド
2. 辞書ファイルのビルド
3. インストール
「辞書ファイルのビルド」には別途以下の4種が必要になります。
1. Perl
2. インターネットアクセスプログラム(cURL, wget, fetchの内どれか1つ)
3. 解凍伸長プログラムgzip
4. エンコード変換プログラム(nkf, qkc)

gcc, perl, wget, gzipなどはCygwinに入れてあったのが、nkf, qkc の二つは自分でインストールしなくちゃいけない。

nkfのインストール

ソースファイルをダウンロード

nkf Network Kanji Filter プロジェクト日本語トップページ - OSDN

解凍して出てきたディレクトリで普通にmakeするだけ

$ make
$ make install

qkcのインストール

ソースファイルをダウンロード。以下のURLのFor Unixをダウンロードしてくる。

QKC Home Page

次にこのzipファイルを解凍するが、ディレクトリがなくいきなりファイルがいくつか出現するので先にディレクトリを作っておく。

makeするとqkc.exeというファイルができるのでこれをパスの通ったところにコピーしておく。

C/Migemoのインストール

マニュアル通りにやればいい。 今回はgitでソースファイルを持ってきた。

$ git clone https://github.com/koron/cmigemo

cmigemo というディレクトリに移動して

$ ./configure
$ make cyg
$ make cyg-dict
$ make cyg-install

設定

Emacs

init.elにコピペする

;;
;; cmigemo
;;
(require 'migemo)
(setq migemo-command "cmigemo")
(setq migemo-options '("-q" "--emacs"))
(setq migemo-dictionary "/usr/local/share/migemo/utf-8/migemo-dict")
(setq migemo-user-dictionary nil)
(setq migemo-regex-dictionary nil)
(setq migemo-coding-system 'utf-8)
(load-library "migemo")
(migemo-init)

anything

Emacsのパッケージ機能からanythingをダウンロードしていれば、anything-migemo.elというものもあるはずなのでinit.elにちょっと設定を追加するだけでanythingでもmigemoが使える

;;
;; anything
;;
(require 'anything-startup)
(require 'anything-migemo)
(setq anything-use-migemo t)
(global-set-key (kbd "C-x b") 'anything-for-files)
(global-set-key (kbd "M-y") 'anything-show-kill-ring)
(global-set-key (kbd "M-x") 'anything-M-x)

(require 'anything-migemo)(setq anything-use-migemo t)を追加した。