計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

TeX環境構築: Emacs+YaTeX+RefTeX

目次

TeX本体

Cygwinの場合はsetup.exeを実行してtexliveをインストールするだけ。
TeX Liveについては下記参照

TeX Live - TeX Wiki

日本語を使うのであればtexlive-collection-langcjkも忘れずにインストールする

YaTeX

EmacsTeXを使うならYaTeXAUCTeXを使うといろいろと便利になる。今までYaTeXを使っていて不便だったのは、インストール時にEmacsの標準パッケージ機能が使えないことだった。自分でインストールしてload pathを通さないといけない。

インストールが楽なAUCTeXに乗り換えようと思っていたら、つい最近YaTeXもmelpaに登録されたみたいで、乗り換える必要もなくなった。

YaTeXをMELPAに登録しました - an odd fellow

Emacsのパッケージ管理ツールを使えばたぶん1発でインストールできる。

YaTeXの設定

2016年4月19日更新

;;
;; YaTeX
;;
(autoload 'yatex-mode "yatex" "Yet Another LaTeX mode" t)
(setq auto-mode-alist
      (append '(("\\.tex$" . yatex-mode)
        ("\\.ltx$" . yatex-mode)
        ("\\.cls$" . yatex-mode)
        ("\\.sty$" . yatex-mode)
        ("\\.clo$" . yatex-mode)
        ("\\.bbl$" . yatex-mode)) auto-mode-alist))
(setq YaTeX-inhibit-prefix-letter t)
(setq YaTeX-kanji-code nil)
(setq YaTeX-latex-message-code 'utf-8)
(setq YaTeX-use-AMS-LaTeX t)
(setq YaTeX-dvi2-command-ext-alist
      '(("TeXworks\\|texworks\\|texstudio\\|mupdf\\|SumatraPDF\\|Preview\\|Skim\\|TeXShop\\|evince\\|okular\\|zathura\\|qpdfview\\|Firefox\\|firefox\\|chrome\\|chromium\\|Adobe\\|Acrobat\\|AcroRd32\\|acroread\\|pdfopen\\|xdg-open\\|open\\|start" . ".pdf")))
;;(setq tex-command "platex -synctex=1")
(setq tex-command "pdflatex -synctex=1")
(setq dvi2-command "xdvi")
(when (equal system-type 'darwin)     ;; for Mac only
  (setq dvi2-command "/usr/bin/open -a Skim")
  (setq tex-pdfview-command "/usr/bin/open -a Skim"))
(setq bibtex-command "pbibtex")
(setq dviprint-command-format "dvipdfmx")


(add-hook 'yatex-mode-hook '(lambda () (auto-fill-mode -1))) ;; 自動で改行しない


;;
;; texファイルを開くと自動でRefTexモード
;;
;(add-hook 'latex-mode-hook 'turn-on-reftex)
(add-hook 'yatex-mode-hook 'turn-on-reftex)

こんな感じ。詳しくは下記参照

YaTeX - TeX Wiki

使い方

よく使うコマンドだけまとめておく。いろいろと補完とかもできるがあまり使ってない

コマンド 動作
C-c C-t j コンパイル
C-c C-t p プレビュー
C-c C-t d PDFに変換

RefTeX

参考文献の番号を加えたりするときに便利。Emacsにデフォルトで入っているのでインストールする必要がない。

RefTeXの設定

YaTeXモードになったら自動的にRefTeXモードもオンにする

;;
;; texファイルを開くと自動でRefTexモード
;;
;(add-hook 'latex-mode-hook 'turn-on-reftex)
(add-hook 'yatex-mode-hook 'turn-on-reftex)

使い方

コマンド 動作
C-c = アウトラインを表示。選んだセクションなどへジャンプできる
C-c [ bibliographyやbibファイルなどからciteを挿入
C-c ( ラベルをつける
C-c ) refで参照する
C-c & 対応するラベルを参照

一番使うのがC-c [で、このコマンドを打ったあとにキーワードでbibliographyを検索できる。参照したい文献を選べば、\cite{xxxx}のように本文に挿入してくれる。

\cite{xxxx}というのが元から書いてあるとき、xxxxの後にカーソルを合わせて、そこでC-c [を使ってyyyyという文件を選ぶと、\cite{xxxx,yyyy}のようにコンマとキーワードだけを挿入してくれるから賢い。