計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

ipythonの設定

今まではipython --pylabでpylabモードを使って起動していたが、公式サイトを見るとpylabは今では推奨されない方法らしい。

ipythonで起動してから、numpyとかを毎度毎度インポートするのはめんどくさいので、自動でインポートするようにする。

デフォルトの設定では~/.ipython/profile_default/startup.py.ipyのファイルを置いておけば起動時に読み込んでくれる。

00_aaa.py, 10_bbb.pyのようにしておくと番号順に読み込んでくれる
よく使いそうなファイルを置いておく

00_import.py

import sys
import os
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

10_plot.py

plt.ion()

pylabモードを使わなくても、import numpy as npimport matplotlib.pyplot as pltplt.ion()があればいい。
plt.ion()はmatplotlib.pyplotのインタラクティブモードをオンにするコマンド

これくらいならさくっと起動してくれる。pandasも追加してみたら若干起動に時間がかかるようになったのではずしておいた。