読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

matplotlibのデフォルトのバックエンドをPyQt4にする

目次

PyQt4のインストール

Linux

Anaconda

pipからインストールはできないっぽいので、Anacondaをインストールするのが手っ取り早い。

store.continuum.io

新しくpython環境を整えるなら、pyenvを使ってAnacondaをインストールするのが楽。 Anacondaを入れるといろんなライブラリと一緒にPyQt4もデフォルトでインストールされるはず。 大量に必要のないものがインストールされるのが嫌な場合は後述のMinicondaがおすすめ。

ちなみにこのときmatplotlibもインストールされる。matplotlibのバージョンが古いのかlibpng15.so.15が見つからないというエラーがでることがあるのでmatplotlibをupdateしておくとよい

$ conda update matplotlib

Miniconda

Anacondaだとかなり大量にいろいろとインストールされてしまうので、必要最小限にしたい場合、pyenvからMinicondaをインストールするといい。condaコマンドが使えるようになるので

$ conda install numpy

などで必要なものをインストールする。ちなみに現時点でmatplotlibを入れようとすると、勝手に依存関係からPyQt4をインストールしてくれる。どうやら新しいバージョンのmatplotlibはデフォルトのバックエンドがPyQt4。

Cygwin

Cygwinの場合は、python-pyqt4(python2の場合)という名前でパッケージが配布されているのでsetup.exeから、またはapt-cygなどを使ってインストールすればよい。

Windows

Cygwinじゃなくて普通のWindowsの場合、Anacondaをインストール。サイトからダウンロードしてきて実行していけばインストールされるはず。

matplotlibrcの設定

matplotlibのデフォルトのバックエンドを変更するにはmatplotlibrcを少しだけ書き換える。 といっても、Anacondaでインストールした場合はデフォルトでバックエンドがPyQt4になっていたので設定する必要なかった。

インストール方法やバージョンによってはバックエンドがTkAggになっている。PyQt4の方が綺麗で少し機能も多いので変えた方が良い

matplotlibrcの場所はpythonやipythonを起動して

In [1]: import matplotlib

In [2]: matplotlib.matplotlib_fname()
Out[2]: u'/usr/lib/python2.7/site-packages/matplotlib/mpl-data/matplotlibrc'

このようにすることで確認できる。あとはmatplotlibrcの最初の方のバックエンドの所を

backend      : qt4agg

のようにする。これでバックエンドがPyQt4になる。上に並んだアイコンの一番右、チェックマークをクリックすることでマウスでいろいろと操作できるようになる。

f:id:keisanbutsuriya:20150711145948p:plainf:id:keisanbutsuriya:20150711145957p:plain