読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

EmacsのGUI用の設定

Emacs

目次

CUIGUIで設定ファイルを分ける

CUIの時だけに適用したい設定はこうする

(if (not window-system) (progn

  ;; ここに設定を書く

))

GUIの時だけ

(if window-system (progn

  ;; ここに設定を書く

))

GUI用設定

GUIで使うときのカラーは、「tangotango」というテーマを使うことにした。 かなり見やすくていいテーマが見つかった。

emacsthemes.com

フォントは「Ricty」を使う

github.com

GUIで使う場合は、emacsclientを使って、Emacsは一度起動したらそのままつけっぱなしにする。よく間違ってC-x C-cで終了させてしまうので、C-x C-cではカレントバッファの終了を割り当てている。GUIならウィンドウ左上の「x」をクリックで終了できる。

2016年4月10日 Mac用の設定を追加

(if window-system (progn
    (global-set-key (kbd "C-x C-c") 'kill-this-buffer)          ;; C-x C-c で終了させてしまわないように変更
    (add-to-list 'default-frame-alist '(font . "ricty-13.5"))
    (when (equal system-type 'darwin) ;; Macでは16pt
      (add-to-list 'default-frame-alist '(font . "ricty-16")))
    (menu-bar-mode 0)                   ;; メニューバーを表示しない
    (tool-bar-mode 0)                   ;; ツールバーを表示しない
;;    (set-frame-parameter nil 'fullscreen 'maximized)            ;; 最大化して開く
    (add-to-list 'default-frame-alist '(alpha . (90 85)))     ;; 透過
    (load-theme 'tangotango t)
    (require 'server)
    (unless (server-running-p)
         (server-start) ) ;; GUIで起動するときはサーバーも起動
))

GUI用emacsclientのalias

UbuntuEmacsを使うときはGUIで使うことにした。上の設定の最後の3行のところがサーバーの設定。サーバーが起動してなければ起動時に自動的にサーバーも起動するようにしている。
emacsclient用のaliasの設定は.zshrcとかに書く

alias e='emacsclient -n'

Macではemacsclientではなくopenコマンドをメインに使う(Macに最新バージョンのEmacsをインストール - 計算物理屋の研究備忘録