読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

Emacsでhelmを使う

helmの設定

インストールはpackage.elから行えば良い。
設定ファイル

;;
;; helm
;;
(require 'helm-config)
(helm-mode 1)
(helm-migemo-mode 1)

;; C-hで前の文字削除
(define-key helm-map (kbd "C-h") 'delete-backward-char)
(define-key helm-find-files-map (kbd "C-h") 'delete-backward-char)

;; キーバインド
;;(define-key global-map (kbd "C-x b")   'helm-buffers-list)
(define-key global-map (kbd "C-x b") 'helm-for-files)
(define-key global-map (kbd "C-x C-f") 'helm-find-files)
(define-key global-map (kbd "M-x")     'helm-M-x)
(define-key global-map (kbd "M-y")     'helm-show-kill-ring)

最初の2行を書いておけばだいたいの設定はOK。
Emacsmigemoを使えるようにしてあるならば、(helm-migemo-mode 1)と書くだけでmigemoが使える。今のバージョンではhelm-migemoは必要ない。

helmではC-hでカーソル前の文字を削除してくれないので、ちゃんと動くようにキーを設定し直している。

デフォルトの設定でも、例えばM-xと打てば、コマンドをhelmで絞り込み検索できるが、helm-M-xとは少し挙動が違う。helm-M-xではコマンド履歴が上のほうに来てくれるので探しやすい。

ここに書いておいたものはデフォルト設定よりも、helmのコマンドを書いておいたほうが便利。

2016年4月13日 更新

helm-buffers-listは使うのやめた。helm-for-filesがあればいい。