読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

Ubuntuのgnome-openとxdg-openの違い

Ubuntu

ターミナルから実行するときの挙動

環境: Ubuntu 14.04 LTS Unity

$ xdg-open xxx.txt

とすると、フォアグランドでGUIテキストエディターが開く。テキストエディターを終了するかサスペンドするまでターミナルが操作不能になる。

$ gnome-open xxx.txt

とすると、バックグラウンドでGUIテキストエディターを開く。すぐさまターミナルを操作可能。こっちのほうが便利。

エイリアスしておいた

alias open='gnome-open'

ちなみに、openというコマンドはデフォルトではopenvtとかいうバーチャルターミナル?を起動するっぽいコマンドが割り当てられていた。

openvt - start a program on a new virtual terminal (VT).

よくわからないし、使わないのでgnome-open上書きでいいだろう。

2016/12/07 追記

Ubuntu 16.04 LTSではgnome-openコマンドがなくなっていてた。でもxdg-opengnome-openのようにバックグラウンドで実行する挙動になっていたのでxdg-openを使う。 エイリアスしておく。

alias open='xdg-open'