読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

MacにTeX環境を整える

Mac Emacs Tex

目次

MacTex Live

MacTex Liveを入れるには、Mac用に用意されているMacTeXを入れるのがスタンダードな方法。でもMacTeXはフルで2G超えて大変なので最小限構成のBasicTexを入れることにする。BasicTexは余計なGUIアプリとかが入ってないが、Emacsを使う人には関係ない。ただし、日本語を使う場合は後でそれ用のインストールを付け足す。でも簡単。

配布先:MacTeX - TeX Users Group

TeX WikiのBasicTeXのページ:BasicTeX - TeX Wiki

BasicTeXのインストール

上のリンク先からBasicTeXのpkgファイルをダウンロードしてインストールするだけ

pathを通す

zshを使っていたらpathが通ってなかったので自分で通す。/Library/TeX/texbinを通す

.zshenv

export PATH=/Library/TeX/texbin:${PATH}

Tex Liveのアップデート

上のリンクのTeX Wikiを見ながら、tlmgrを使ってアップデートする

$ sudo tlmgr update --self --all

日本語を使えるようにする

sudo tlmgr install collection-langjapanese

このコマンドで日本語用のやつが入る。依存関係で collection-langcjk もインストールされる。

Ghostscriptをインストール

最小構成のBasicTeXではGhostscriptがインストールされないので自分でHomebrewで入れる

$ brew install ghostscript

pdfにヒラギノフォントを埋め込めるようにする

TeX WikiのEl Capitan向けの設定をそのまま実行する
TeX Live/Mac - TeX Wiki

jfontmaps が「revision 38527 以降であること」を確認

$ tlmgr info jfontmaps

古かったらtlmgr updateする。

シンボリックリンクを貼るスクリプト実行

$ cd /usr/local/texlive/2015basic/texmf-dist/scripts/cjk-gs-integrate
$ sudo perl cjk-gs-integrate.pl --link-texmf --force
$ sudo mktexlsr

マップファイルの指定しなおし

$ sudo updmap-sys --setoption kanjiEmbed hiragino-elcapitan-pron

ヒラギノのnがついたシリーズにしておいた。

Skimのインストール

PDFのビューアとしてMacのアプリ、Skimを入れる。SkimはSyncTeXに対応しているので、texファイルからPDFの該当部分にジャンプできる。

ダウンロードしてきてインストールする

Skim | Home

設定

環境設定同期するファイルの変更をチェックにチェックを入れて、同期サポートの初期値をEmacsにしておく

EmacsYaTeXを使う

基本的には過去記事を参考にする(TeX環境構築: Emacs+YaTeX+RefTeX - 計算物理屋の研究備忘録
少し設定を更新した。

YaTeXの設定

基本的にはpdflatexを使用して、日本語を使う場合はtexソースファイルの先頭に

%#!platex -synctex=1

と書くことでタイプセットを指定して、日本語の時だけplatexを使う

設定ファイル

;;
;; YaTeX
;;
(autoload 'yatex-mode "yatex" "Yet Another LaTeX mode" t)
(setq auto-mode-alist
      (append '(("\\.tex$" . yatex-mode)
        ("\\.ltx$" . yatex-mode)
        ("\\.cls$" . yatex-mode)
        ("\\.sty$" . yatex-mode)
        ("\\.clo$" . yatex-mode)
        ("\\.bbl$" . yatex-mode)) auto-mode-alist))
(setq YaTeX-inhibit-prefix-letter t)  ;; screenのコマンドC-tとかぶる。tじゃなくnil
(setq YaTeX-kanji-code nil)
(setq YaTeX-latex-message-code 'utf-8)
(setq YaTeX-use-AMS-LaTeX t)
(setq YaTeX-dvi2-command-ext-alist
      '(("TeXworks\\|texworks\\|texstudio\\|mupdf\\|SumatraPDF\\|Preview\\|Skim\\|TeXShop\\|evince\\|okular\\|zathura\\|qpdfview\\|Firefox\\|firefox\\|chrome\\|chromium\\|Adobe\\|Acrobat\\|AcroRd32\\|acroread\\|pdfopen\\|xdg-open\\|open\\|start" . ".pdf")))
;;(setq tex-command "platex -synctex=1")
(setq tex-command "pdflatex -synctex=1")
(setq dvi2-command "xdvi")
(when (equal system-type 'darwin)     ;; for Mac only
  (setq dvi2-command "/usr/bin/open -a Skim")
  (setq tex-pdfview-command "/usr/bin/open -a Skim"))
(setq bibtex-command "pbibtex")
(setq dviprint-command-format "dvipdfmx")


(add-hook 'yatex-mode-hook '(lambda () (auto-fill-mode -1))) ;; 自動で改行しない


;;
;; texファイルを開くと自動でRefTexモード
;;
;(add-hook 'latex-mode-hook 'turn-on-reftex)
(add-hook 'yatex-mode-hook 'turn-on-reftex)

Macの時だけSkimと連携するようにしている。