計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

ace-isearchでバッファ内検索

---------- 2018年10月8日 追記 ----------
ace-isearchを使うのをやめた。avy-goto-charはどうも慣れない。使いづらいので必要なくなった。
isearchとhelm-swoopは自動で切り替わるよりも手動で切り替わる方がシンプルでよかった。
isearchで検索中にデフォルトの設定でもM-iでhelm-swoopに切り替わるのでこれだけで十分。
---------- 追記終了 ----------

ace-isearchを導入して、C-s, C-rで行うデフォルトのisearchを強力にして、簡単にカーソル移動する環境を作る。

ace-isearchの詳細などは次を参考に。

qiita.com

emacs.rubikitch.com

インストール

下記をpackage機能を使ってインストールする。

  • avy
  • helm-swoop
  • ace-isearch

helm-swoopには当然helmも必要。

avyではなくace-jump-modeを使ってもいいが、同様の機能で最近はavyのほうが人気らしいのでavyにする。

設定

init.elなどに次のように書いておく

(require 'ace-isearch)
(global-ace-isearch-mode +1)

(custom-set-variables
 '(ace-isearch-function 'avy-goto-char)
 '(ace-isearch-use-jump 'printing-char))

使い方

いつものようにC-s, C-rを使うだけなのでものすごく便利。

検索が1文字のときは自動的にavy-goto-charを用いてジャンプできる。
2文字から5文字のときは通常のisearch。
6文字以上になるとhelm-swoopで絞り込み検索してジャンプできる。