計算物理屋の研究備忘録

Linux, Cygwin, Mac, zsh, emacs等の使い方、設定などのメモ

JupyterLabのインストールと設定

目次

JupyterLabのインストール

pipでインストールするだけ。

$ pip install jupyterjab

拡張機能を使うならnode.jsというかnpmが必要なのでこれもインストールしておく
ちなみにこれらはPythonではなくJavascript関係。

Macの場合、homebrewからインストールできる。ググるとnodebrewをインストールしてバージョン管理する方法がいっぱい出てくるが、 そこまでしたくないので、普通にインストールした。

brew install node

使い方

jupyter notebookと同じで、

$ jupyter lab

と打つだけで、ブラウザが起動する。手動でlocalhost:8888に繋いでもいい

設定

ダークテーマ

Setting --> JupyterLab theme
JupyterLab Darkを選択

フォント、行番号、codefolding

Setting --> Advanced Settings Editor --> Notebook --> User Preferences

フォントをRictyに、行番号とcodefoldingをtrueに変える

{
    "codeCellConfig": {
        "fontFamily": "Ricty",
        "fontSize": 18,
        "lineNumbers": true,
        "codeFolding": true
    }
}

Extension Managerを利用可能にする

npmが必要なので事前にnode.jsなどをインストールしておく
Setting
Enable Extension Managerにチェック
これで一番左端のジクソーパズルみたいなアイコンを選択すると拡張機能が簡単にインストール可能

拡張機能

@jupyterlab/toc

目次を表示できる。jupyter notebookでも便利なので使っていた。

@lckr/jupyterlab_variableinspector

github.com

これをインストールして、ノートブックで右クリックしてOpen Variable Inspectorを選ぶと 変数名や代入されている値の一覧を出してくれて、めちゃくちゃ便利。